浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

 

自作PC

競技向け画質のFortniteで144fps出すために必要なCPU・グラボと5万円未満の構成例|浅広ゲー

色々試して辿り着いたFortniteを144Hzで動かせる5万円未満(OS別)な構成例を紹介します。

1660Tiよりやや下なGTX1660 SUPERを9100Fや9400Fと組み合わせてレビュー|浅広ゲー

GTX1660とGTX1660Tiの間にという超狭いスペースにねじ込まれたGTX1660SUPERを、一番組み合わせる人が多そうな9100Fや9400Fでどの程度性能が出るのか試しながらレビューします

MicroATX並に小さいATX規格な自作用PCケース CoolerMaster Q500L レビュー|浅広ゲー

大きいケースが嫌いでMicroATX以下のケースばかり使っていましたが、Cooler MasterよりMicroATX並、というより平均的なMicroATXケースより小さいサイズのATXケースが発売されたので、購入しました。

19年秋版 予算別 自作PC,ゲーミングPC構成例4万から15万までオススメ構成6種類|浅広ゲー

実際に組んでみたのも踏まえて、自作ゲーミングPCのパーツ構成例を並べてみました。 すべてOS(Windows10)は別になっています。

自作PCをLEDライティングで光らせた時の電気代や温度に変化はあるのか確認してみた|浅広ゲー

光るPCブームは続きますが、否定派の中で「電気代と熱が気になる」という人がいたのでPCを光らせた時の電気代と熱量を実際に確認してみました。

Fractal Design 5V 3pin アドレサブルRGBコントローラー Adjust R1 RGB Fan controller レビュー|浅広ゲー

実は結構珍しい5V 3pinのアドレサブルRGB用コントローラーのレビューをします。

格安MicroATXサイズ自作用PCケースの定番 サーマルテイク Versa H17(H18) 図解レビュー|浅広ゲー

当ブログで度々オススメしている実売3,000円ちょいなMicroATXサイズのPCケース、サーマルテイクのVersa H17(サイドがアクリル板はH18)。 実際3,000円とは思えないくらい良いつくりなのでレビューしていきます。

2019年版,G5400とRX570で予算4万円ちょい 60fpsで快適に遊べるゲーミングPCを組む|浅広ゲー

ゲーミングPCを最低予算で組んでみたので、構成や流行りのタイトルでどのくらい遊べるのかまとめてみました。

AMD,ソケットAM4用RyzenCPUのマザーボード対応表,ZEN2まで|浅広ゲー

AMD製のCPUはソケットAM4が長年使われており、対応するCPUが多岐にわたります。 ただ、ソケットが対応していてもマザーボードのチップセットやBIOSも対応していないといけないため、マザーボードを選ぶ際に混乱しやすいです。 てなわけで自分用の意味も含め…

ROG RYUO 240 レビュー,取り付け方や冷却性能・液晶パネルでできる事など|浅広ゲー

ROGの簡易水冷RYO 240を使う機会ができたので、取り付け方や冷却性能・特徴的な液晶パネルでどんな事ができるのかレビューしました

グラフィックボードが熱い時の対処法 80℃を越えない対処法や温度の確認方法|浅広ゲー

グラフィックボードが熱くて動作がカクついたり故障が不安な方向け、難易度別に対処法をまとめてみました 簡単にできる事で下がることもあります。お試しあれ

Intel Core i5 9400FとRyzen5 3600をゲーミング限定で比較してみる|浅広ゲー

ZEN2の6コア下位モデルであるRyzen3600と同じ6コア下位モデルのIntel Core i5 9400Fをゲーミング限定という視点で比較してみました。結果は意外にも?

Ryzen5 3600が付属のリテールクーラーで全然冷えなかったので虎徹Mark2に交換した話|浅広ゲー

Ryzen5 3600に付属のCPUクーラーを使ってみたところ、とんでもなく冷えなかったので虎徹Mark2に交換したので温度の変化や推奨されるCPUクーラーを簡単にまとめました

Ryzen5 3600とRTX2060で組んだ予算10万コスパゲーミングPCの性能レビューとパーツ紹介|浅広ゲー

ZEN2最強のコスパを誇るといわれるRyzen5 3600とSUPERが出たことで少し安くなったRTX2060で予算10万(OS別)でゲーミングPCを組んでみました。 使用した各パーツの解説や各ゲームでの性能をレビューします。

Ryzen7 3800Xはゲーミング最強か 9700Kや3900Kとベンチマークや実ゲームで比較レビュー|浅広ゲー

Ryzen 3000シリーズの現在の上位2番手である3800X。 コア数こそ3900Xに劣るもののクロックでは密かに優位という説が。 そんな3800Xこそゲーミングにおいて最強では?と思い購入しました。 いつものようにベンチマーク等での比較やリテールクーラーでの温度等…

Ryzen9 3900Xと9700Kのゲーミング性能だけ比較してみました|浅広ゲー

3900Xを購入しましたが、対抗馬となるはずの9900Kは持っていません。 なので仕方ないので9700Kで比較してみました。 ゲーミング限定なのはそれ以外の性能だと基本3900Xが勝ってるでしょうからです。

B450マザーボードにRyzen9 3900Xを載せてみた結果 使用したメモリ等|浅広ゲー

発売されたばかりのRyzen9 3900X。 田舎なので誰も買わなくて運よく?入手できました。本当は3800Xが欲しかったのであまり嬉しく無かったですが。 手元に3800Xで使うつもりだったB450マザーしかなかったので、とりあえず載せて使ってみた結果をまとめました。…

ZEN2にオススメなマザーボード MSI B450 GAMING PLUSレビュー CPU無しでのBIOS更新方法や対応メモリ等|浅広ゲー

以前の記事でZEN2用(Ryzen3000シリーズ)用にB450をオススメしましたが、その中でも個人的にイチオシなMSI B450 GAMING PLUSが特価セールだったので思わず購入しました。

自作PC:Core i3 9100Fにオススメのグラボや予算6万円台からのゲーミングPCの構成例|浅広ゲー

intel Core i3 9100Fを使って、そのコスパの良さに感銘を受けたので、9100Fを使用する際にオススメのパーツや9100Fを使用したゲーミングPCの構成例を紹介したいと思います。

ZEN2とB450チップセットマザーボードについて。オススメモデル等(CPUなしBIOS更新可能モデル等)|浅広ゲー

7月に第三世代のRyzen3000シリーズ(ZEN2)が発売されます。 同時にリリースされるX570チップセットマザーボードの他、B350やB450,X370-X470といった既存のチップセットのマザーボード予定ですが、B350やX370は2世代も前のモデルですし正式に対応するかもマ…

低価格自作ゲーミングPCやスリムPC改造用の定番となるか?GTX1650レビュー|浅広ゲー

GTX1650が発売されました。(実は結構前) GTX1050の後継という位置づけで、ロープロファイルや補助電源無し等、低予算でゲーミング自作PCを組む際のメリットの詰まったモデルです。 今回はそんなGTX1650の実際の性能をレビューします。

Core i3 9350KFをオーバークロック。初心者でも簡単5GHzで9700K超えを目指してみる|浅広ゲー

前回書いたCore i3 9350KFのレビューにて、「オーバークロックなしだとコスパは悪い」と書いた。 それでは実際にオーバークロックでどの程度性能が伸びるのか、実際にオーバークロックして9700Kとの各種スコアを比較してみました。

4コアながらオーバークロック可能、「Core i3 9350KF」をレビュー 驚異の高クロック|浅広ゲー

ようやくi3まで出そろってきたIntelの第9世代CPU。 その中でも9350KFがスペックだけみるとかなり異才を放っていたので、我慢しきれずに購入しました。 手持ちの他のCPUと比較しながらレビューしてみました。

ゲーミングPCに必要なCPUのコア数は?4コアと8コアでゲーム性能比較|浅広ゲー

ゲームで使用するCPUにはコア数がどれくらいあればよいのか? コア数が多いほど強いのか、4コアあれば十分なのか。 その検証で今回はCPUを4コアと8コアで切り替えて比較してみました。

6700K以上の性能?Intel Core i3 9100FをRyzen 3 2200Gとゲーミング性能比較とレビュー|浅広ゲー

ようやくIntelの第9世代最下位のCore i3 9100Fが発売されました。 さっそく手に入れてたまたま手元にあったRyzen3 2200Gと比較しながら検証してみたところ、思った以上にパワーのあるCPUでした。

初心者向け:AMD自作PCの組み立て方,作り方講座② ケースに組み込んで完成編|浅広ゲー

初心者向けの自作PC組み立て解説、2回目は前回組んだ最小構成やその他のパーツをケースに組み込んで、完成させます。

初心者向け:自作PCの組み立て方,作り方講座① 最小構成を組もう|浅広ゲー

Youtubeに動画上げていたら、「組み立て工程を動画にして」と言われたので、動画作ってるついでにブログでも。 自作を組む際に基本となる最小構成についての解説と工程を載せてます

予算OS込み8万,本体6万ちょいでGTX1650とRYZEN3 2200Gで激安ゲーミングPC組んでみた|浅広ゲー

GTX1650が発売されたので、ようやくローエンドゲーミングも新世代にバトンタッチ。 というわけでコスパに優れるといわれるRYZENと組み合わせて激安ゲーミングPCを組んでみました。

初心者でも簡単に作れる!自作PCはそんなに難しくない理由|浅広ゲー

自作PC、マニア向けで難しいと思って躊躇されてる人はいますか? そんなことありません。 自作未経験者が勘違いしがちな自作に必須と思われている知識や技術が実はほとんど必要ないことを説明していきます。

2019年版 オススメの定番MicroATXケース7種|浅広ゲー

個人的にはすごい好きなMicroATXサイズ。 しかし先日、「じゃあオススメのケースは?」と聞かれたときにコレといった製品を出せませんでした。 改めてMicroATXサイズのケースを精査してみたので、オススメケースを並べてみたいと思います。