浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

SCUMの動作環境まとめ(実動作報告からまとめあり

f:id:yaruoFPS:20180914222354j:plain

割と自分用メモ

話題の超リアル系ハードコアサバイバルゲーム、SCUM

食事や排せつ、体重管理といった深すぎる拘りで、すぐ死んですぐ次の試合という流行りのバトロワゲームとは一線を画し、にわかに話題になってる。

そんなSCUMの動作環境について。

パット見オンボードはキツそう

 

 

 

公式の発表の動作環境

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-4430 / AMD FX-6300
モリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 960 2GB / AMD Radeon R7 370 2GB
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

 


推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
プロセッサー: Intel Core i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
モリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能

 

 

アーリーアクセスだからか結構高め。

グラボは現行だとGTX1050以上かな?

オンボードは流石に無理だろうね。

 

と、思ったらHD4000でそれなりに動いたという報告もあったしGTX960で中間設定で快適という人やGTX670でもウルトラ設定で遊べるという人も。

 

要求スペック表よりも軽いのかな?

GTX660あれば普通に遊べるし、GTX1070もあれば大分ヌルヌルらしい。

 

また、設定を変更すること低スペックPCでもそこそこヌルヌルで遊べるようです。

参考↓

purureko.com

むしろラグによる重さが気になるとの報告が多い。これは正式ローンチとかでサーバーが増えると改善されるだろうね。