浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

BTOと自作の価格の違い各メリットからどんな人にオススメか解説|浅広ゲー

f:id:yaruoFPS:20190217113143j:plain

自作PCユーザーが増えて欲しいと思う一方、軽い気持ちで自作に挑戦して悲しい思いする人がいない方が良いと思うので、自作PCとBTOのどちら選択するべきか悩んでる人向けのまとめ記事を書きました。

 

ちなみに、BTOメーカーのアフィリエイト等はやってないのでそれなりにフラットな目線で書いてるつもりです。

 

 

目次

 

 

 

本当に自作が安く済むのか

 

大手某BTOメーカーの売れ筋構成を例に比較してみます

BTO機スペック

  • OS : Windows 10 Home 64ビット
  • CPU : インテル® Core™ i5-8500
  • グラフィックス : GeForce® GTX 1060
  • メモリ : 8GB PC4-19200
  • SSD : 240GB
  • ハードディスク : 1TB
  • 電源 : 500W 【80PLUS® BRONZE】

約127,000円(税込み)

 

上記と同様のスペックを自作した場合の構成と価格

パーツ名 製品名 おおよその価格
OS Windows 10 home 15,000円
CPU Core i5 8500 30,000円
CPUクーラー サイズ 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎 3,500円
マザーボード ASRock Intel  H370 Pro4 10,000円
グラフィックボード MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1 29,000円
メモリ CFD販売 PC4-19200(DDR4-2400) 4GB×2枚 7,500円
SSD Transcend SSD 240GB 4,700円
HDD Western Digital HDD 3.5インチ 1TB WD Blue 4,800円
電源 玄人志向 NEXTシリーズ 80 PLUS Bronze 500W 4,600円
ケース Thermaltake Versa H26 Black 4,400円

 

人気やコストパフォーマンを考慮しています。

低品質な製品は使用していません。

合計113,500円(税込み)

※おおよその価格なので前後します

 

自作側のパーツの価格がおおよその価格になるので、正確な数値とは言えませんがそれを踏まえても12,000円程度の価格差があります。

10%程度お得ですね。

 

 

自作は安く済むの落とし穴

安く済ませるにはそれなりの知識が必要

どこまでランクを落とせるか、どのメーカーがコスパが良いかといった知識が無ければ安く済ますことはできません。

 

結局高くつリスク

組み立て時の破損や、パーツが合わなかったりなど、トラブルによる出費は初めて自作する人なら考慮したほうが良いでしょう。

 

 

大手BTOは安定も考慮されている

規格があっているから安定動作するという保証はないです。

パーツ同士のバランスが取れていなかったり、発熱を処理しきれなかったりで安定して動作しないことは多々あります。(多少知識があれば回避できますが)

 

大手のBTOはあらかじめ検証済みで多少の安定動作は保証されているので購入後の不安がないです。

 

長期保証

自作なら各パーツの保証期間(大体1年)が保証の目安ですが、BTOなら追加料金で3年保証等も可能です。

さらに係員が訪問して状態を見てくれるオンサイト保守などのオプションもつける事ができます。

 

 

それでも自作にしかできなことやメリットも多い

細かくパーツを選べる

BTOもカスタマイズは可能だが、メーカーや仕様まで細かく指定できない事が殆ど。

自作なら好きなメーカーで統一したり、「ここだけ高性能に」のようなピーキーな構成にできます。画像の水冷マザーボードのような特殊なパーツも選べます。

特にオーディオPCやホームシアターPC(HTPC)を組むなら自作でないと難しいです。

 

見た目に拘れる

f:id:yaruoFPS:20190217095514j:plain

パーツを自由に選べるということは色んなケースやRGBファン等を細かく選べるので、見た目に拘るなら自作が自由度は高いです。

 

常に最新パーツを使える

f:id:yaruoFPS:20190217100128j:plain

BTOは定期的に構成が更新されるので、最新パーツが発売されてもそのパーツが採用されるのは次回の更新まで待たないといけません。

自作なら常に最新のパーツを使用できます。

なので、いつ購入しても最新の構成にできるのは自作ならではです。

 

 

オーバークロック

これは自作だからできるというより、やるなら自作にした方がいいという話です。

オーバークロックはそもそも保証外の動作ですし、BTOの利点である保証が効きません。

さらに、各パーツの耐久性も考慮しないといけないため、通常動作を考慮して作られているBTOでやるのは得策とは言えません。

 

まとめ

こんな人はBTOがオススメ

・買ったら終わり。部品交換なんてしない

・パソコン持ってない。

・パソコンは道具。趣味ではない。

・細かい性能の差は気にしない

・可能な限りトラブルを避けたい

・長期保証が欲しい

 

こんな人は自作がオススメ

・トラブルが起きても泣かない

・自力で調べる能力がある

・パーツの規格を理解している・これから学ぶ気がある

・見た目やパーツの細かい性能まで拘りたい

・オーバークロックしたい

 

 

基本的にはBTOがオススメ。PC初心者なら特に。

また、すでにPCを所持していない場合、色々と不便です。

例えば今回の構成だと光学ドライブがないので、Windows10をインストールする場合にはUSBメモリをインストールディスクにして使用する必要がありますがそれにはPCが必要です。

 

価格も10年前のように自作の方が大幅に安くなったりしなくなっています。

単に安く済ませたいという理由で自作を選ぶメリットは薄くなってますね。

 

それでもPCが好きで拘りたい人や常に最新PCを使いたいという人で、トラブルを恐れない・解決までを楽しめるような人は自作PCにトライしてみて欲しいです。

知識さえあれば自作の方がBTOの上位互換だと思うので、是非!

 

初めて自作するならオススメ構成を参考にしてもいいですね。

自分で1からパーツを選んでもいいですが、「自作 オススメ構成」で検索すると出てくるパーツリストを参考にするとパーツ選択ミスのリスクが無くなります。

 

関連:ゲーミング自作PCの最低予算ってどんなもん?2019年版 - 浅く広くPCゲーミング

 

おしまい