浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

発売から4年、G402をG502の廉価版として買うのはアリ?比較レビュー|浅広ゲー

f:id:yaruoFPS:20181029002552j:plain

G502がフォートナイト人気のせいか最近よく名前を聞くようになりました。

ロジクールもG502のセンサリニューアル版を投入しているあたりG502の人気が分かります。

しかし現在のG502は8千円前後と中々のお値段。

そこで、同じロジクールでボタンがちょっと似てるG402をG502の廉価版として使えないか比較してみた。

 

目次

 

 

 

・基本仕様比較

とりあえず基本の仕様を一覧にしてみました。

G502の最新モデルHEROは高額なのに仕様がそこまで変わらないのでG502 RGBで比較しています。

名前 G502 G402
センサー PMW3366 Delta ZERO
接続 有線 有線
重量 121g 108g
最高解像度 12000DPI 4000DPI
レポートレート 1000Hz 1000Hz
トラッキング速度 最大400IPS 420IPS
最大加速度 40G 16G
ボタン数 11個 8個
国内実売 8,000円前後 4,500円前後

 

とりあえず価格が倍近く違いますね。

 

 

 

・ボタンの数は11個と8個

G502

f:id:yaruoFPS:20181028234312j:plain

G402

f:id:yaruoFPS:20181028232354j:plain

 

G502の特徴かつ人気の理由であるボタンの数ですが、G402は3個減った8個になっています。

G502がホイールを左右に傾ける2種のスイッチとホイール下のスイッチ分多いです。

ちなみにG502のホイール下にはもう一つスイッチがありますが、これはホイールの設定変更専用で変更不可なのでカウントされていないです。

8個でも十分に多いほうなのだが、フォートナイトのような一部のゲームでは11個をフルに使う人もいるので3個の差は大きいのかもしれません。

 

 

・センサはかなりの差が

G502は最新型でHERO 16K、旧モデルでもPMW3366という高性能なセンサを使用しています。

G402のセンサはDelta ZEROというセンサですが、評判がよくわからないレベルのセンサです。

DPIにしても12000(G502)と4000(G402)と3倍の差があります。

センサに関しては間違いなくG502が有利でしょう。

 

・重量はG402が13g軽い

G502はかなり重い部類のマウスで、ここは流石にG402が勝ちました。

それでも重い部類に入るのですが・・・

低感度で振り回す人にはG402がオススメかもしれません。

 

・形状はどちらも大きめ

G402

 

  • 縦:136mm 横:72mm 高さ:41mm

 

G502

 

  • 高さ:132mm  幅:75 mm  奥行き:40 mm

 

G402が縦長で細く、G502が短く太いです。

どちらも日本人基準でいえばやや大きめに感じる人が多いようですね。

 

 

・ケーブルはどちらも不評

どちらも固いです。

ただG502は編み込み、G402はビニール製です。

G402は使っていくと馴染むという話もありますが・・・

G502はずっと固かったですねー

 

 

・予算余裕があるなら基本的にG502を

価格を考えれば当たり前ですが、重量以外で基本的にG502が優位。

形状も似ているので単純に上位互換と考えてもいいかもしれません。

予算的に厳しい人や、初めてゲーミングマウスを買うのでお試し的に買う人でなければ素直にG502を購入したほうが良いと思います。

 

精度やボタンの数の差に我慢ができるという人や、少しでも軽いほうが良いという人ならG402を選ぶのもアリですね。