浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

ギガバイト GTX1660Ti GV-N166TOC-6GD レビュー 低価格ながら良性能|浅広ゲー

 

f:id:yaruoFPS:20190227120339j:plain

ギガバイトから発売されているGTX1660Ti搭載モデルのグラフィックボード、GTX1660Ti GV-N166TOC-6GD。

ショートモデルでもないのに他メーカーよりも5,000円程度安く性能的にもよさそうなので購入したので、簡単にレビューします。安さの秘密も。

 

目次

 

 

 

 

基本スペック

参考までにGTX1660Ti搭載モデルでも一番高いASUS製ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMINGと比較してみた

製品名 GIGABYTE製GTX1660Ti GV-N166TOC-6GD ASUS製ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING
コアクロック 最高1845MHz 最高1890MHz(OCモード)
メモリクロック 1200MHz 1200MHz
メモリサイズ 6GB 6GB
マルチモニタ 最大4台 最大4台
出力ポート

DP1.4×3

HDMI2.0b×1

DP1.4×2 HDMI2.0b×2
推奨電源容量 450W

450W

補助電源 8Pin×1 8Pin×1
バックプレート あり あり
ファン デュアル トリプル

 

コアクロックの最高値に若干の差がありますけど、それ以外の差が殆どないため実性能としては誤差程度にしか変化しないと思われます。

 

出力ポートはHDMIが1個しかないので、古い2台のモニタにしたい場合はちょっと難しいですね。

このスペックで複数モニタをHDMI接続する人は稀だと思いますが。

 

あとはファンがギガバイト製が大径デュアルでASUS製は小径トリプル。

これに関してはトリプルの方が冷却性能は高いと思いますが比較できないのでわかりません。

 

これで価格差は1万円くらいのありますが、ASUS製はAuraSyncといったライティング機能備えていたりと色々豪華です。

 

 

外観

正面

f:id:yaruoFPS:20190227112557j:plain

ファンブレードの向きが異なるギガバイト独自の冷却機構

 

裏面

f:id:yaruoFPS:20190227112837j:plain

低価格なのにしっかりとバックプレートもついているのが良いですよ

 

出力側

f:id:yaruoFPS:20190227112912j:plain

DP HDMI DP DPの並びです。

 

補助電源コネクタ側

f:id:yaruoFPS:20190227113010j:plain

8Pin×1で、側面にライティングなどは特にありません。この辺は流石に簡素。

 

付属品

f:id:yaruoFPS:20190227113119j:plain

簡易説明書とドライバだけです。最近はどの製品もこんなもんですね。

 

 

性能

参考になるかはわかりませんが、9400F+GTX1660Tiと6700K+GTX1080の比較をしています。

OS抜き予算10万円でGTX1660Tiと9400FでゲーミングPCを自作してみた - 浅く広くPCゲーミング

 

細かい性能比較は色んなレビューで確認できると思うので特にやりませんが、GTX1070程度ですね。

RTX2060から10~15%程度落ちる感じです。

ただ、レイトレーシングやDLSSに対応していないので、DLSS対応ソフトだとRTX2060がかなり優位です。

 

 

温度

背面に90mmファン1個だけな割と劣悪な環境で重たいFF15ベンチをループさせてみました。

最高でも75℃でそれ以上の上昇は見られませんでした。

ケース内のエアフローがもっと良ければ68℃程度には落ちると思います。

ちなみに同じ条件でGTX1080だと78℃でエアフローの良いケースだと70℃になりました。

 

 

静穏性

ファンの回転数を初期状態で使用しました。

通常時は非常に静かですが、高負荷時は若干うるさく感じました。

ただ、自分はローデスクで自分のすぐそばにPCをおいているので普通の環境よりも音が届きやすいです。

 

 

安さの秘密とまとめ

他メーカー製が4.5万円程度する中、4万円未満で購入できる割に特に実性能や冷却に不満が無かったです。

逆になんで大手ギガバイト製がこんなに安いのか前前から気になっていたので何処を削ってるのかなとふとツイートしてみたら、なんとギガバイト公式アカウントから返信が。

 

ギガバイトと代理店の努力なのだそうです。

そういえばギガバイトのグラフィックボードの代理店はCFDだったよね?

なるほどねーなるほどねーふーん

 

探せばギガバイトより安いモデルもありますが、大手メーカー製という安心感としっかりとした性能なこのモデル、ライティング等の豪華さはありませんが実性能と価格を重視する人にオススメです。

 

おわり