浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

HTPC:自作PCで4K 60fpsやHDRを出力する方法、マザーボード・グラボ|浅広ゲー

HTPCを組む場合、4Kまでなら割と簡単に出力可能ですが、4K 60fps HDRとなると思ったより面倒でした。

今回は自作PCで4K 60fps HDRを出力する方法やパーツをまとめました。

 

目次

 

 

 

・4K30fpsなら簡単

2016年以降のCPUなら、内蔵グラフィックの性能的に4K出力自体は十分に使用可能です。第6世代以降ならCeleronでもOK!

 

f:id:yaruoFPS:20181229092732j:plain

最近のマザーボードなら映像出力にHDMI1.4以上を搭載しているので、特にパーツを選ばずに4K出力が可能です。

 

 

・4K60fpsからちょっと大変

4Kでも30fpsと60fpsがあり映像の滑らかさが倍違います。

60fpsにはHDMI2.0以降かDisplayport1.2以降の映像出力が必要です。

 

 

GTX1030以上のグラフィックボードを使用している場合は特に問題有りませんが、マザーボードのオンボード出力を使用する場合は注意が必要です。

INTEL製CPUなら第7世代以降のCPUを。第6世代の一部は非対応です。詳しくは下記をご覧ください。

インテル® グラフィックス・テクノロジーによる完璧なビジュアル体験

 

さらに映像出力も要確認で2019年1月現在、マザーボードの映像出力はHDMI1.4、Displayportは1.2が主流です。

なのでディスプレイポートを使用して4K60fpsをすることが多いです。

HDMI1.4でも4K60fpsを出力する特殊なモードがありますが、それだと色情報が通常より減るため滑らかではありますが色の精度としては劣化してしまいます。

 

 

・HTPC用途でテレビに繋ぐならHDMI2.0出力を用意したい。

Displayport1.2以降なら4K60FPSで出力可能ですが、モニタによってはDisplayportがありません。

特に液晶テレビだとDisplayportがついてない方が殆どです。

HTPC等で液晶テレビに出力する事を前提としている場合はHDMI2.0以上を用意したいです。

HDMI2.0を搭載したマザーボードを使用するか、別途グラフィックボードを追加しましょう。

 

GIGABYTE H370N WIFI Mini-ITX マザーボード [Intel H370チップセット搭載]

HDMI2.0aを搭載しつつ値段を抑えたITXマザーボード。

小型ケースのHTPCにうってつけ。

 

 ASUS NVIDIA GT1030搭載ビデオカード GT1030-SL-2G-BRK

HDMI2.0搭載でファンレスなグラフィックカード。

HDRは非対応なので注意。

 

 

 

 ・4K+HDRなら第7世代Core i5以上かグラフィックボード必要

単なる4Kならいいですが、4K+HDRとなるとちょっと上の性能が要求されます。

 

グラフィックボード無し

CPU内蔵グラフィックを使用してマザーボードから出力する場合。

まずCPUがHDグラフィックス620以上が内蔵された第7世代以降でないとHDRに対応せず、性能的にもCore i5以上(第8世代ならCore i3以上)が推奨されています。

また、出力用のポートもHDMI2.0ではなくより上位のHDMI2.0aか2.0bが、

Displayportなら1.4が必要です。

 

HDMI2.0搭載マザーボードでも珍しい部類なのに2.0a以上となるとかなり少ないです。

ちなみに先ほど紹介したGIGABYTE H370N WIFI Mini-ITXは搭載しています。

 

 

グラフィックボード使用

もちろん、HDR対応グラフィックボードを追加すれば簡単にHDR出力可能ですが、例えばHDR対応なGTX1060でもHDMI2.0aや2.0bを搭載している製品とそうでない製品があります。

Displayportなら1.4搭載してる製品が殆どですが、HDMIは2.0が多いので出力したい人は注意しましょう。

ASUS GeForce®GTX 1060搭載 6GB

ASUSのHDMI2.0bを備えたGTX1060のショートモデル。同じASUSのショートモデルでもメモリ3GB版はHDMI2.0であったりと、本当に製品によってバラバラなので注意が必要。

 

 

 ・番外:Ultra HD Blu-ray

4K HDRのソースとして一番使いそうな高画質映像メディアであるですが、現状非常に特殊な条件を要求します。

簡単に並べると

・Intel SGXに対応した第7世代Core i5以上か第8世代以降のCore i3以上のCPU

・メインメモリ4GB以上

・CPU内蔵グラフィックからの出力のみ

・グラフィックボードからの出力は不可

マザーボード

・Intel SGXに対応

・HDCP2.2に対応したHDMI2.0aかDisplayport1.3以上(HDRを使用するなら1.4)を搭載

・モニタもHDCP2.2に対応したHDMI2.0aかDisplayport1.3以上

 

と、大量の条件があります。また詳しい解説は下のリンクより

 

関連:UltraHD Bru-layが見れる自作PCを作ろう。対応マザーボード等 - 浅く広くPCゲーミング