浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

 

待望の無線(ワイヤレス)化! ロジクールのゲーミングマウス、G502 WLの実機レビュー|浅広ゲー

f:id:yaruoFPS:20190605002536j:plain

根強いファンの多いロジクールのG502がついにワイヤレスとなって新発売。

早速実機を購入しましたが、実はこのブログは以前よりG502をオススメしていません笑

というわけで、アンチG502視点としてレビューしていきます。

 

 

目次

 

 

 

概要・特徴

f:id:yaruoFPS:20190605010706j:plain

G502は11個の多ボタンが特徴なゲーミングマウス。

各ボタンは設定ソフトで割当変更したり、ゲームごとに設定したりできます。

 

他にはない形状とかなりの重量で、好き嫌いが分かれるマウスですがファンも多く人気も根強い。その証拠に実はこのG502WLで4代目。

初代G502、ライティングを強化したG502RGB、センサが強化され不評だった硬いケーブルが柔らかくなったG502 Hero。

 

そして、ケーブルすらなくなってワイヤレスとなったのが今回発売されたG502WLです。

 

11個というMMO等にも対応するボタン数でありながら、FPSでの使用にも抜群な高精度センサ、一見厳ついが握りやすさに評判のある形状(人を選ぶ説あり)。

よく言えばオールマイティ。悪く言うと中途半端な感じもしますね。

 

 

仕様

G502WL  
接続方式 Lightspeed ワイヤレス
ボタン数 11個
重量 114g
センサ Hero 16K
最大DPI 最大16000
ポーリングレート 最大1000Hz
形状 左右非対称

 

前作G502 Heroとの違い

何よりの違いはワイヤレス化です。

すでに評価を得ているLightSpeed技術を使用して、遅延の無いワイヤレスで使用可能です。

そしてもう一つ大事なのが軽量化されていることです。

これまで125gだった本体が114gまで軽量化。

他メーカーならワイヤレス化すると重量は増えるのが基本ですが、ロジクール独自の技術により逆に軽量化。

一番の欠点とされていた重量問題がワイヤレス化と相まって、一気に標準クラスまでいきました。

 

その他はほぼ同じですね。センサー等も変わりません。

HERO 16Kセンサーは特に体感で不満の出るセンサーではありません。

すでにGPro-Wireless等に採用されて実績もあります。

 

 

外観画像

上面だけ比較用に他のロジクール製マウスも並べてます。

左からG703 中央G502 右がGPro Wirelessになります

 

上面

f:id:yaruoFPS:20190605003215j:plain

実は言われてるほど大きくないです

左側のサポートのせいで大きく感じてるだけかも知れません。

Gのロゴは設定ソフトで好きに発光させられます。

 

背面

f:id:yaruoFPS:20190605003504j:plain

外観上はお尻の高さはGProと同じくらいです

 

正面

f:id:yaruoFPS:20190605003159j:plain

 

 

左側面

f:id:yaruoFPS:20190605003340j:plain

左右どちらも滑り止めつきラバーコーティングが施されています
サイドボタンの上に3つのインジケーターがついていて、センサ感度の段階やバッテリー残量を確認することができます。

 

右側面

f:id:yaruoFPS:20190605003355j:plain

 

 

 

 

裏面

f:id:yaruoFPS:20190605003437j:plain

 ソールは非常に特殊。

ちなみに同じロジクールのG640で使用した場合、やたら滑りが良かったです。

 

握った感触

参考までに自分の手は日本人男性の平均だそうです

握りはやや軽めの被せ持ちです。

振り向きは10cmくらいでミドルハイくらいです。

 

握り

ゴツい外観とは裏腹に握りやすい部類だと思います。

超フィットするというほどではありませんが。

 

手のひらの荷重は結構マウスパッドに乗ります。

なので、咄嗟に上下に動かす動作がちょっとやりにくかったです。

 

また、左側の親指が3つのボタンに囲まれてちょっと居心地悪いですね。

f:id:yaruoFPS:20190605003811j:plain

自分の握り方だと奥側の2個のスイッチに親指が触れてしまいます。

誤爆しそうでちょっと怖い。

 

 

スイッチの押しやすさ

11個の多ボタンがウリではありますが、メインスイッチとサイドスイッチ以外のスイッチは瞬時に押すのは向いてないです。

 

左のメインスイッチ側の端にある2個のスイッチを押すときは、メインと同時に押しそうになるので注意。

f:id:yaruoFPS:20190605004328j:plain



 

サイドボタンの奥のスイッチは結構押しにくくて手のひら全体を奥にちょっと移動させる感じになります。

f:id:yaruoFPS:20190605004401j:plain

微妙に届きにくいです。

 

正直なところ瞬時に押せるボタンの数は、よくある5ボタンマウスと変わらないですね。

なので、それらに割り振る機能は咄嗟に押す必要が無いもにしたほうが良いと思います。

 また、ホイールの手前にある2個のスイッチうちの手前側は瞬時に押すのはまず無理ですね。(奥側はホイールの回転切り替え用)

 

重さに関して

重量は普段80gのGPro Wirelessを使用している自分としてはワイヤレスとはいえ114gはやはり重いです。

ずっとこればかり使っていると慣れるかもしれません。

 

それでもソールの滑りが中々に良いため、滑り出しはスムーズです。

ただ、急な切り替しの際に重量を感じることはありました。

 

以前のケーブルも硬くて125gあったG502を使用していた人たちはちょっと凄いなと思いました。

ちなみに、重いマウスが好きという方のために追加の錘がついています。

最大で130gまで調整可能です。

 

 

 

実際に使ってみて

AIMHEROというエイム練習ソフトで4時間ほど使用してみました。

手への負担はちょっと強いですね。初めて疲労感を感じました笑

ちなみにマウスパッドには同じロジクールのG640を使用しています。

 

フリックエイム

瞬時にターゲットにエイムを合わせるエイム方法に関しては、結構やりやすかったですね。

G703やGProを使用した時と同じくらいの命中率を短時間で出せました。

これはちょっと意外でした。

 

トラッキングエイム

移動するターゲットにエイムを合わせ続けるトラッキングエイムでは、素早い切り替えしが多く、手の中で若干暴れる感じがしました。

命中率も低めでしたので、トラッキングエイムにはあまり向いてないかなと。

 

 

最初の感触よりも、エイムしやすいなという印象です。

それでもGPro-Wirelessには自分的には劣ります。

純粋にエイムを極めたいという人には他にも良い選択肢があると思います。

 

ワイヤレスの反応や精度

ここに関しては不満はありません。

これまでのロジクールのワイヤレスゲーミングマウスと同じレスポンスで全く反応遅れ等なく使用できます。

 

 

気になった点

ホイールの回転がクリック感のあるモードでフリーで回るモード(チルト)で切り替える事が出来ますが、フリーにした場合にホイールがガタガタします。

マウスを左右に振るとホイールの振動が伝わって来てしまいます。

 

壊れてる感じがして怖いですし、単純にエイムにとって邪魔です。

 

 

やはり純FPSにオススメしない

まあ、思ったよりもエイムしやすいのは驚きましたが、それでも握りや重量という点をみるとこの価格出すならもっといいマウスがあるというのが僕の答えです。

ボタン数のメリットがあまりないCSGO等の純FPSゲームで使用するにはイマイチかなと思います。

 

 

バトロワ系やMOBA・MMOに

昨今の流行りであるバトロワ系のFPS・TPSは使用するボタン数が多めで、G502のボタンの多さを活かせます。

特にFortniteでは以前からG502は大人気でしたから、ワイヤレス化を待ち望んでた人も多いでしょう。

 

その他、LoL等のMOBAやMMOである程度の正確なポインタ移動やスキルの割り振れるボタン数があるG502は使いやすいのではないでしょうか。

 

 

おまけ

G703も軽量化して

G502とはあまり関係ありませんが、同じくロジクールのワイヤレスマウスであるG703。

非常に素晴らしい形状で、握りやすさで言えばGPro-Wireless以上。

G502が形状を変えずに軽量化できたことを考えると、2年前に発売されたG703も107gから90g程度に軽量化できるのではないでしょうか。

 

そうなれば3万円積んでも欲しい!ロジクール様、なにとぞ~