浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

AMD,ソケットAM4用RyzenCPUのマザーボード対応表,ZEN2まで|浅広ゲー

f:id:yaruoFPS:20190831014108j:plain

AMD用マザーボードにはソケットAM4が長年使われており、対応するCPUが多岐にわたります。

ただ、ソケットが対応していてもマザーボードのチップセットやBIOSも対応していないといけないため、マザーボードを選ぶ際に混乱しやすいです。

てなわけで自分用の意味も含めてAMD製ソケットAM4用RYZENCPU・チップセットの対応表をまとめてみました。

 

 

目次

 

 

対応するかどうかはチップセットとBIOS次第

ソケットがAM4なら全てのRyzenシリーズが動作するわけではありません。

マザーボードに搭載されたチップセットという部品とBIOSというシステムファイルのバージョンによって対応するCPUが変わります。

 

 

BIOSバージョンについて

BIOSとはマザーボードに格納されるマザーボードの基本システムのことです。

BIOSのバージョンにより、対応するCPUが異なります。

BIOSの書き換えは対応するその時点のBIOSにCPUを使用する必要があるので、例えば「B450で3000シリーズを使用したい」場合にBIOSが対応していなければ2000シリーズ以前のCPUが必要になってしまいます。

 

BIOSは製造時点での最新verが使用されます。

しかし店頭に並んでいる製品のBIOSバージョンを確認するのは難しいですね。

 

一覧表

  Ryzen1000シリーズ Ryzen2000シリーズ Ryzen3000シリーズ
A320 一部対応
B350 一部対応
X370 一部対応
B450
X470
X570 ×

 

〇:対応

△:BIOSのバージョン次第で対応

×:非対応(一部例外あり)

 

 

300系チップセットの場合

A320,B350,X370はRyzen1000シリーズ向けのチップセットです。

工場出荷状態でRyzen1000シリーズは全て動作可能で、Ryzen2000シリーズに関してはBIOSが新しければ動作します。

Ryzen3000シリーズについては、メーカー毎に対応が異なり3000シリーズ対応のBIOSがリリースされていれば、それを使用して動作させることができます。

初期の発表ではA320は非対応となっていましたが、こちらもメーカーによっては対応しています。

また、3000シリーズ対応のBIOSだと1000,2000シリーズの一部の機能が制限される可能性があります。

 

400系チップセットの場合

B450,X470はRyzen2000シリーズ向けのチップセットです。

工場出荷状態でRyzen2000シリーズだけでなく、1000シリーズも動作可能です。

Ryzen3000シリーズについては2019年7月以降のBIOSなら動作可能となっています。

また、3000シリーズ対応のBIOSだと1000,2000シリーズの一部の機能が制限される可能性があります。

 

X570チップセットの場合

X570チップセットはRyzen3000シリーズ向けのチップセットです。

工場出荷状態でRyzen3000シリーズのほか2000シリーズも動作可能です。

1000シリーズに関しては基本的に動作しません。

 

対応シールがあると安心

f:id:yaruoFPS:20190831012826j:plain

BIOSのバージョンは外箱から確認できませんが、メーカーによってはマザーボードの外箱に「~Series READY」とBIOSが最新CPUに対応しているのを明示しています。

B450やX470でRyzen3000シリーズを使用する場合はそのシールが張られたモデルを買うといいでしょう。

 

おまけ:ZEN2用をネットで買うなら

ネットで3000シリーズ(ZEN2)用にB450シリーズを買う場合、3000シリーズ対応が確認できません。

が、AsrockのB450 SteelLegendなら3000シリーズ発売後に一度店頭から消えるくらい人気だったので、現状店頭にあるのは基本的に3000シリーズ対応BIOSが搭載されています。

Amazonでも3000シリーズ対応版が届くとの報告があるので、ネットで買いたいけど対応してるか不安という人はB450 SteelLegendがオススメです。

保証はできませんが、高確率で対応しているでしょう。

 

 

関連

www.asahirogame.com