浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

HTPCやオーディオPC向けに完全ファンレスPCを組もう|浅広ゲー

HTPCオーディオPCだと気になるファンの音。

どんなに静かなファンでも気になるという静穏にこだわる人向けに、完全ファンレスPCについてまとめました。

 

目次

 

 

 

完全ファンレスに高性能は望めない

ケースファンもCPUファンも無しにすると当然ながら冷却性能は非常に低いです。

なので発熱量の少ないパーツを選びます。

結果として性能が低くなるのは仕方ないですね。

 

 

特に問題なのがCPUの冷却

CPUの発熱が一番のネックになります。

使用するCPUは発熱の小さいモバイル向けのモデルを使用したほうが良いでしょう。

 

 

冷却手段が

・ファンレス対応の大型のヒートシンク

・ファンレスケース

 

の2択になります。

大型のヒートシンクなら6千円くらいの製品もあるのですが、それを収めるためにPCケースも大型のものが必要になっています。

またファンレス対応のヒートシンクの対応するTDPはケースファンを前提にしています。

完全ファンレスの場合はケースファンもなくケース内のエアフローほぼ無いことに注意しましょう。

ファンレスケースならケース全体がヒートシンクの役割を果たして小型化することができますが、どれも3万円以上する製品ばかりなのでコストがかかります。

  

 

CPUの例

モバイル向けは一般向けに販売されていないため、非常に高価なのが難点。

負荷の低いオーディオ用途ならCeleron辺りを使うほうが良いでしょう。

 

インテルcm8068403358913 Core i5 – 8400t PRCSRトレイ
Intel
販売価格 ¥34,558(2019年1月14日16時47分時点の価格)

 TDP35Wなモバイル向けCore i5。高い。

 

 

オススメファンレス向けヒートシンク

Thermalright MACHOシリーズ アクティブクーリング・ヒートシンク 静音大型CPUクーラー Le GRAND MACHO RT 日本正規代理店品
かなり大型でファンレス用途で人気のある製品。
160mm近い高さでかなりケースを選びます。
ケースファン前提なら対応TDPは95wに達する。
ケースファン無しでもTDP45w程度なら問題なく冷やせるでしょう。
 
 

 オススメファンレス向けCPU冷却ケース

ケース仕様の最大TDPは長時間は基本的に無理です。
仕様の半分程度を目安にした方が良いです。
CPUの熱をケース全体に分散し、ケースがヒートシンクの役割をする製品を使用すれば、ケースサイズを大型化せずに完全ファンレスを実現できます。
また、ケース自体もファンレス用途の多いHTPCやオーディオPC向けのデザインなのもよいですね。
 
 
FC8 Silver ALPHA no Optical Drive
Streacom
販売価格 ¥26,800(2019年1月14日15時23分時点の価格)
 比較的安価なファンレス向けケース。仕様上は95WまでのCPUに対応。
対応マザーボードはMini-ITX。電源は搭載不可なのでACアダプタ等を使用する必要があります。
 
 
 
 
 
 
HDPLEX h1。Sodd Fanlessアルミコンピュータcase-black
HDPLEX LTD
販売価格 ¥45,440(2019年1月14日15時31分時点の価格)

 

仕様上はTDP65Wまで対応のファンレスケース。

80W電源搭載しつつスリム型の光学ドライブと搭載可能ながらコンパクトにまとまっています。

Mini-ITX対応。

 

 

Streacom FC5 Silver ALPHA with Optical Drive Aluminium Fanless Chassis
Streacom
販売価格 ¥36,800(2019年1月14日15時39分時点の価格)

 仕様上は73Wまで対応。

かなり薄型ですがATXサイズのマザーボードに対応しています。

 

 

 

 

ファンレス電源

ファンレスケースの殆どはSFX電源すら搭載不可です。

ACアダプタタイプの電源を使う事が多いですね。

 

 

ACアダプタタイプの場合

zmart DC-ATX-160W 160W ACアダプター電源 キット pico BOX ATX ITX psu
販売価格 ¥2,000(2019年1月14日16時26分時点の価格)

 

汎用ACアダプター 12V 10A 120W LEDテープライト用アダプター
Teshony
販売価格 ¥2,080(2019年1月14日16時27分時点の価格)

 上記の2製品の組み合わせで使用するパターンが定番です。

電源が内蔵できないタイプのケースの多くはACアダプターのジャックを取り付ける穴が設置されているので、変にコードがはみ出ることなく設置可能です。

 

 

SFX電源を使用する場合

数は少ないですが、ファンレスタイプのSFX電源を使用できます。

が、ケース内に熱源が増える事に注意しましょう。密閉ケースの場合は特に。