浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

 

2019年版 オススメの定番MicroATXケース7種|浅広ゲー

個人的にはすごい好きなMicroATXサイズ。

しかし先日、「じゃあオススメのケースは?」と聞かれたときにコレといった製品を出せませんでした。

改めてMicroATXサイズのケースを精査してみたので、オススメケースを並べてみたいと思います。

 

目次

 

 

 

おすすめリスト

今回はあくまで定番品です。

一定の評価を得た製品群なので、とりあえず選んでおけば問題ありません。

Thermaltake Versa H18

f:id:yaruoFPS:20190417012427j:plain

 

寸法:390mm(H)×205(W)×380(D)

サイドパネル:アクリル

対応クーラー:高さ155mmまで 対応VGA:長さ350mmまで

ラジエーター:280mmまで対応

実売:3,500~

 

非常にコストパフォーマンスに優れるモデル。

このサイズ最安レベルの価格でありながら、サイドの透明パネルや電源隠しを備えた今風のデザイン、280mmラジエーターや大型グラフィックボードに対応した拡張性など申し分の無い基本性能を備えています。

予算を抑えたいならとりあえずこれを選べば間違いないです。

 

inwin 301

f:id:yaruoFPS:20190414203025j:plain

f:id:yaruoFPS:20190414213758j:plain

寸法:360mm(H)×208(W)×370(D)

サイドパネル:強化ガラス

対応クーラー:高さ158mmまで 対応VGA:長さ330mmまで

ラジエーター:240mmまで対応

実売:11,000~

 

サイドパネルにスモークの強化ガラスを採用したモデル。

の2色に加え、フロントパネルのLEDを変更可能なモデルがあります。

 

高さ360mmとそこそこコンパクトながら高い拡張性を備えています。

158mmのまでの高さのCPUクーラー、330mmまでのグラボに加え、中型の簡易水冷まで使用可能です。

 

底面に簡単に着脱可能なフィルターを備え、120mmファン2個が増設可能。

底面から吸気することで内部への埃の侵入を防ぎます。

 

裏配線スペースが狭いのが玉にキズ。

 

 

Fractal Design Define Mini C White

f:id:yaruoFPS:20190414213430j:plain

f:id:yaruoFPS:20190414212243j:plain

f:id:yaruoFPS:20190414213611j:plain

 

寸法:399mm(H)×210(W)×399(D)

サイドパネル:スチール

対応クーラー:高さ168mmまで 対応VGA:長さ335mmまで

ラジエーター:280mmまで対応

実売:9,000~


内部まで真っ白な見た目のケース。

フロントと上部にラジエーターを設置可能で本格水冷にも。

吸音素材を使用しているので静穏性が高いのが特徴。

3.5インチHDD2台に2.5インチ3台最大5台のストレージを搭載可能。

 

電源カバーもあり背面の裏配線スペースも広く内部まで美しいPCが組めます。

 

 

Cooler Master MasterBox Q300P RGB

f:id:yaruoFPS:20190414215751j:plain

 

寸法:450mm(H)×230(W)×450(D)

サイドパネル:アクリル

対応クーラー:高さ157mmまで 対応VGA:長さ360mmまで

ラジエーター:240mmまで対応

実売:11,000~

 

フロント・サイド・トップにアクリルパネルを採用したケースでRGBファンを美しく見せることができます。

フロントに120mmのRGBファンが2個と、RGBコントローラーが付属しているのでケース単体でライティングを楽しめます。

もちろん、マザーボードに接続して他のRGBパーツと連動可能。

 

サイドパネルについてるI/Oパネルは上下左右好きな位置に移動可能なのも面白いです。

寸法だけ見ると大きいですが、4隅に取り外し可能なハンドルを外せはそれなりにコンパクトになります。

 

Thermaltake Core V21

f:id:yaruoFPS:20190415004858j:plain

寸法:336mm(H)×320(W)×424(D)

サイドパネル:アクリル

対応クーラー:高さ185mmまで 対応VGA:長さ350mmまで

ラジエーター:280mmまで対応

実売:6,500~

 

MicroATXならではのキューブ型の定番モデル。

中型ラジエーターを複数搭載可能だったり、140mmファンにも対応している上、前面に200mmの大型ファンを標準搭載しているので冷却はばっちり。

 

そしてキューブ型は何といってもグラフィックボードを縦置きしてアクリルパネル越しに見せる事ができるのがいいですね。

このケースの場合はマザーボードを縦置き横置き両方に対応しています。

 

 

NZXT New H-Series H400i

f:id:yaruoFPS:20190416102301j:plain

 

寸法:421mm(H)×210(W)×417(D)

サイドパネル:ガラス

対応クーラー:高さ164mmまで 対応VGA:長さ411mmまで

ラジエーター:140mmまで対応

実売:15,000~

 

フラットなデザインで人気のNZXT製。フロントI/Oは上部に配置されています。

内部のケーブルカバーや背面の充実した裏配線スペースでケース内を綺麗にしやすいのが素晴らしい。

PC内部の温度や発光をハードとソフトで管理できます。

 

 

Corsair Crystal 280X

f:id:yaruoFPS:20190417011029j:plain

寸法:351mm(H)×276(W)×398(D)

サイドパネル:ガラス

対応クーラー:高さ150mmまで 対応VGA:長さ300mmまで

ラジエーター:280mmまで対応

実売:12,000~

 

ケース内部が2分割されたキューブ型。前面・上部・サイドの3面に強化ガラス。

片側がマザーボードとグラフィックボード、もう片側に電源やストレージを収めます。

主な熱源になるCPUとグラフィックボードを効率よく冷やせます。

各部に140mmファンを搭載可能なので冷却性能はかなり高めることができます。