浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

Ryzen9 3900Xと9700Kのゲーミング性能だけ比較してみました|浅広ゲー

f:id:yaruoFPS:20190709150433j:plain

3900Xを購入しましたが、対抗馬となるはずの9900Kは持っていません。

なので仕方ないので9700Kで比較してみました。グレード差は気にしたら負けです。

ゲーミング限定なのはそれ以外の性能だと基本3900Xが勝ってるでしょうからです。

 

 

目次

 

 

 

仕様比較

グレード差があるのであまり意味はありませんが、一応両方のCPUの仕様を並べておきます。

CPU名 Ryzen9 3900X Core i7 9700K
コア数/スレッド数 12コア24スレッド 8コア8スレッド
ベースクロック 3.8GHz 3.6GHz
ブーストクロック 4.6GHz 4.9GHz
オールコアブースト 4.1-4.2GHz 4.6GHz
製造プロセス 7nm 14nm
TDP 105W 95W
内蔵グラフィック ×
オーバークロック

※オールコアブーストについてはこちらの環境による実測値になります

 

12コア24スレッドという圧倒的な数をもつ3900X

最大クロックで勝る9700K

といった感じです。

3900X側はIPC(1サイクルの命令数)で優れるのでクロックの差も多少埋める事が可能なようです。

 

製造プロセスは3900Xが半分。

改めて見てみると半分って凄いですよね。Intel何してたんでしょう。

 

TDPは3900X側が高いですが、IntelとAMDのTDPの出し方が統一されてなさそうなので参考程度に見てます。

 

9700Kは内蔵グラフィクを搭載していますが、今回はゲーミング前提なので特に意味はないです。

 

使用機器構成

両CPU共通

両方の構成で共通で使用しているパーツです。

GPU:GTX1080 OC

メモリ:CFD DDR4 2666MHz(手動でCL16に設定)

SSD:Samsung 860EVO 500GB

CPUクーラー:Cooler Master Hyper 212 EVO

電源:Corsair RM1000X

 

グラボがもう少し強いのがいいんでしょうけど・・・

2080SUPERの発売を待ってるので他のに手が出せません。

 

3900X側構成

f:id:yaruoFPS:20190709012319j:plain

 

CPU:Ryzen9 3900X

マザーボード:MSI B450 GamingPlus

 

マザーボードがB450なのを突っ込みたいと思いますが、そこは別記事でも読んでこらえて欲しいです。性能的に大きくX570に劣るとは思っていません。

CPUクーラーがちょっと心配だったのでエアコン+扇風機でごまかしてます。

それで70℃前半でしたよ。

9700K側構成

f:id:yaruoFPS:20190709141303j:plain

CPU:Core i7 9700K(P0 Stepping)

マザーボード:Asrock Z370M Pro4

せっかく(?)なのでこちらも型落ちマザー。

一応Z390で取ったスコアと変わらないのは確認しています。

 

 

比較結果

CinebenchR15

一応ゲーム以外の一般系ベンチもという事で代表的なCinebench$15を

f:id:yaruoFPS:20190709141423j:plain

 

3900X

マルチコア:3091

シングルコア:200

 

9700X

マルチコア:1511

シングルコア:207

 

マルチは倍以上、シングルもかなり肉薄してます。

流石の12コア24スレッド。

一応シングル勝ってることで9700Kはまだゲーミングで希望が見えます。

 

※以下のゲームでの計測は基本的にFHDのフルスクリーンで計測しています

FF15ベンチマーク

f:id:yaruoFPS:20190709143055j:plain

定番の重いほうのFFベンチマークです。

 

f:id:yaruoFPS:20190709142814p:plain

 

微妙に3900Xが負けてます。

高品質の方が差が大きくなりました。

 

 

FF14漆黒のヴィランズベンチマーク

f:id:yaruoFPS:20190709143111j:plain

こっちは定番の軽い方。

 

f:id:yaruoFPS:20190709143412p:plain

3900Xが結構負けてしまいました。

FF系のベンチはインテル強い説あるのでそのせいですかね??

 

 

R6S

f:id:yaruoFPS:20190618005857j:plain

人気FPSゲーム。

軽すぎて意味が薄いと言われてますが、手軽なのでやりました。

f:id:yaruoFPS:20190709143924p:plain

 

ここでも9700Kが勝ちました。5%くらいの差ですね。

 

PUBG

f:id:yaruoFPS:20190618010643j:plain

なんだかんだ長生きのバトロワゲー。

特定の場所から場所へ移動する間の1分間程度の平均fpsを計測しています。

以前からIntelが強いタイトルだと思っていましたが結果は・・・

 

f:id:yaruoFPS:20190709144304p:plain

 

3900Xが勝ちました。

低画質だと結構差が出ましたね。

 

 

Fortnite

こちらも長生きなバトロワ

低画質だとすさまじくフレームレートが伸びるのが特徴。

こちらも平均fpsを計測。

f:id:yaruoFPS:20190709144554p:plain

 

低画質で9700Kを圧倒しました。

最高fpsでも9700Kが500弱なのに対し3900Xは580くらい出ていました。

グラフィックボードの負荷が軽いほどマルチコアが効く説でしょうか。

他はほぼ同じですね。中画質も計測すべきでした・・・

 

 

結果雑感

最初FFベンチから回したので普通に3900Xが負けて焦りました(笑

しかし、タイトルによってはPUBGにように3900Xが勝てているので、少なくともこの勝負だと「一長一短」くらいの評価になりますね。

3900XがB450マザーだったりと色々怪しい点があるので参考までにどうぞ。

 

 

ゲーマー向け最高は3800Xか

単純に12コアも要らないと思うのと価格的にゲームだけなら3900Xも必要ないですね。

この価格で9700Kと同程度だと流石に・・・

また、CPUチップが6コア×2で分かれているのも気になります。

1チップの3600Xや3700Xが中々良い感じなので、同じ1チップ構成で最強の3800Xに期待してしまいます。チップ分かれてるのがゲーム性能に関係あるのかわかりませんが。

 

とりあえず発売したら入手して試す予定で、割と期待でいっぱいです。

 

 

おまけ

去年、「AMDにはまだ早い」という記事を書いてそれがずーとこのブログで1番読まれています。

そんな記事を書きながらも3900Xを購入する程度にはこれからのAMDに期待はしています。