浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

6700K以上の性能?Intel Core i3 9100FをRyzen 3 2200Gとゲーミング性能比較とレビュー|浅広ゲー

f:id:yaruoFPS:20190522150513j:plain

ようやくIntelの第9世代最下位のCore i3 9100Fが発売されました。

さっそく手に入れてたまたま手元にあったRyzen3 2200Gと比較しながら検証してみたところ、思った以上にパワーのあるCPUでした。

 

ちな動画版もあります

Intel Core i3 9100FをRyzen3 2200Gと実ゲーム性能で比較レビュー 低価格ゲーミングPC向け - YouTube

 

目次

 

 

 

 

仕様

旧8100や2200Gの仕様と並べてみました。

CPU名 i3 9100F
i3 8100 2200G
コア数 4コア4スレッド 4コア4スレッド 4コア4スレッド
ベースクロック 3.6GHz 3.6GHz 3.5GHz
ブースト時クロック 4.2GHz なし 3.7GHz
全コアブースト 3.9GHz   3.6GHz?
キャッシュ 6MB 6MB 4MB
TDP 65W 65W 65W
内蔵GPU 無し インテルUHD630  vege8
付属ファン 有り 有り 有り
実売 12,500円 15,500円 10,000円

 

※実売は2019年5月20日時点の店頭価格を参考にしています

 

 

特徴

f:id:yaruoFPS:20190522150600j:plain

i3 9100Fの特徴は

・価格

・内蔵グラフィック無し

・ブースト搭載

の3点になると思います。

 

実売でi3 8100よりも3,000円ほど安いですが、その代わりに内蔵グラフィックは無し。

使用にはグラフィックボードが前提となります。

そしてなんといっても8100にはなかったブーストを搭載したことです。

これにより、最高クロックはシングルで4.2GHz・全コアで3.9GHzまで上昇しました。

 

ちなみにミドルのCore i5 9400Fはシングル最高で4.1GHz・全コア3.9GHzなのでクロックだけで言えばi5にも匹敵するスペックを持っています。

もちろん、コア数やキャッシュ量では劣るのでi5に勝てるとは言えませんが。

 

物としては単に内蔵グラフィックを無効にしてブーストを追加した8100感がありますが。

 

 

ゲーム性能

ゲーム上での性能にしか興味がないので、いくつかのベンチマークと実際のゲーム中のFPSを測定し、Ryzen 3 2200Gと比較してみました。

3D Markとかもやったほうがいいんですかね?

 

使用した機器構成

9100F

チップセット:H370搭載マザーボード

CPUクーラー:付属品

メモリ:DDR4 2666MHz 8GB×2

ストレージ:SSD

 

2200G

チップセット:B350搭載マザーボード

CPUクーラー:付属品

メモリ:2666MHz 8GB×2

ストレージ:SSD

 

上記構成にGTX1650とGTX1080を組み合わせてテストしました。

 

FF15ベンチ

f:id:yaruoFPS:20190522014907j:plain

FF15のベンチマークをFHDの高画質と標準画質で比較しました。

標準画質でやや快適、高画質だと普通の評価です。

 

f:id:yaruoFPS:20190522014533p:plain

 

 

FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク

f:id:yaruoFPS:20190522150754j:plain

FHDの最高画質と高品質で測定。

比較的軽くグラフィックボードがネックにならないのでGTX1650使用時でも2200Gをそこそこ突き放す結果に。

f:id:yaruoFPS:20190522015130p:plain

 

 

APEX Legends

バトロワゲーのAPEX Legendsのトレーニングモード中の平均fps。

グラフィックボードへの負荷が強めで、CPUの性能差が出にくかったです。

それでもGTX1080クラスになると1割程度差が出ました。

最低画質ならある程度グラボが良ければ平均200fpsは越えられます

f:id:yaruoFPS:20190522015333p:plain

 

PUBG

全てFHDの高画質設定にて降下後普通に10分程度プレイして平均fpsを計測。

GTX1650使用時には2200Gと差がなかったのですが、GTX1080使用時には9100Fが大きく差をつけました。

f:id:yaruoFPS:20190522020029p:plain

 

 

R6Sベンチマーク

レインボーシックスシージのグラフィックオプションから起動できるベンチマークにて測定。

FHDで最高・高・最低で計測。

グラフィックボードへの負荷が軽いソフトの為か最低画質だと単純にCPU性能の差の勝負になり、グラボの差すら乗り越えて9100F+GTX1650が2200G+GTX1080よりも高いスコアを出してしまいました。

f:id:yaruoFPS:20190522020213p:plain

 

 

オーバーウォッチ

FHDの低・Normalのプリセットの2種で計測しました。

こちらも比較的軽いソフトの為か、2200G+GTX1080を9100F+GTX1650が上回ってしまいました。

f:id:yaruoFPS:20190522020714p:plain

 

 

ゲーミング性能比較総評

ローエンドのグラボだと差が出にくいが

GTX1650程度だとCPUよりもグラボが先に性能の限界を迎えるので9100F・2200Gの差は5%~10%程度でした。

逆に言えば、このCPUはGTX1650だと性能を持て余すという事ですね。

 

 

ミドル以上の性能も引き出せる

GTX1080と組み合わせた場合は2200Gとの差が大きく開いて、最大で25%くらい平均しても15%くらいはスコアに差が付きました。

 

第6世代のK付きi7を上回ってしまう

これが割と驚きでした。

以前i7 6700KとGTX1080で計測したFF14とFF15のベンチスコアを9100F+GTX1080が5%と上回りました。

3世代前とはいえi7のk付にも勝てるゲーミング性能です。

 

 

発熱

ローエンドながら旧i7をも上回る性能を有していますが、その分発熱もローエンドとは言い難いです。

付属のCPUクーラーを使用し、負荷テストソフトのOCCTにて負荷をかけたところ、3分程度で80℃まで達してしまいました。

その後、クロックダウンが発生し78℃と80℃を行ったり来たりしました。

 

実際のゲーム中でも78℃までいきました。

 

単に付属のクーラーが相当小さいのが原因だと思います。

ローエンドなのに付属のクーラーで冷えないというのは、別途クーラーの購入が推奨されるためローエンドの意味が薄まりマイナスポイント。

 

とりあえず、付属のクーラー以下の別売りクーラーなんて稀だと思うので、2,000円程度のクーラーを用意したほうがいいでしょう。

 

 

ゲーミング用としてはかなり良品

ここのところ高騰気味だったIntel製としては本来のi3らしい金額であり、性能も内蔵グラフィックが無いことを除けば抜群に良いです。

i7 6700Kにもゲーミングだと互角以上の性能を発揮するため、1万前後のゲーミング用途としてはコスパは最強かもしれません。

 

このCPUにGTX1660Ti、もしかするとRTX2060くらいまでは足を引っ張らずに使えると思うので、ミドル用としても使えてしまう良品だと思います。

 

単にコスパで話すと2200Gも悪くないんですが、Intel製というブランド料も加味すると9100Fはとても魅力的。

Intel製にメリットを感じないという人でも、2千円追加するだけで2割増しの性能が手に入ると思えばよい選択肢だと思います。

 

関連:4コアながらオーバークロック可能、「Core i3 9350KF」をレビュー 驚異の高クロック - 浅く広くPCゲーミング