浅く広くPCゲーミング

PCゲームに関するあれこれを浅く広く書いてます

ロジクール ゲーミンングキーボード PRO G-PKB-001 レビュー オリジナル軸キー使用|浅広ゲー

logicool製のゲーミングキーボード G-PKB-001を使用して1年程度たったのでレビュー書きました。

打ち心地や打鍵音が伝わればいいかなと。

 

目次

 

 

 

・基本スペックおさらい

f:id:yaruoFPS:20181013210340j:plain

ロジクール PRO G-PKB-001 

91キー日本語レイアウト テンキーレス

キータイプ ロジクールオリジナル Romer-Gメカニカルスイッチ

有線接続

本体サイズ(高さ x 幅 x 奥行) : 34.3×360×153mm

実売11,000円前後

 

 

・外観

f:id:yaruoFPS:20181013142210j:plain

サイズは一般的なテンキーレスですね。

ザ・ゲーミングという感じではない落ち着いたデザインなのはロジクールらしいです。

写真写りが悪くて申し訳ない・・・本物はもっとカッコいいです。

 

 

裏面

f:id:yaruoFPS:20181013142242j:plain

滑り止めが5か所にあって使用中に動くことはないですね。

そもそも本体が結構重量感あります。(1.3kg)

 

スタンド

f:id:yaruoFPS:20181013142413j:plain

左が小と右が大で2段階あるので、

スタンド無しと合わせて合計3段階の高さで調整可能です。

 

スタンドにもラバーがついていてスタンド使用しても滑りにくくなってます。

f:id:yaruoFPS:20181013142758j:plain

f:id:yaruoFPS:20181013142802j:plain

 

接続部

f:id:yaruoFPS:20181013142825j:plain

ロジクールの他のゲーミング製品と共通のコネクタ形状です。

専用コネクタに見えますがUSB microBケーブルのコネクタを破損防止や抜け防止の加工がされているだけです。

市販のmicroBケーブルでも接続可能です。

 

 

 

・打鍵感打ち心地良し。チャタリングは感じず

メカニカルスイッチ茶軸に近いです。

カチャカチャ感やスコスコ感もしっかりあります。

茶軸よりも打っていて気持ち良さはあります。

 

ストロークは接点まで1.5mm、押し込み3.2mmと平均的なゲーミングキーボード

と比べても浅いですね。反応速度に差がでるかも?

押せたかな?ってときは大抵押せてました。

かといって誤入力があるわけでもなかったですね。

 

チャタリングは全く感じませんでした。

流石FAメーカーのオムロン製スイッチってところですかね?

オムロンは一般的に体温計や体重計のイメージがあるかもしれませんが、工場で使用するスイッチや制御機器が本業なので、この辺の品質には信頼性がありますね。

 

 

・静穏性に関してはそこまで

静穏性に関しては茶軸とあんまり変わらないかなと思います。若干静かではあります。

気になるほどではないですが、底打ちするとカチャンカチャンという音は目立ちますね。

昼間は気にならないんですが、夜中に嫁がすぐ後ろで寝てるときは流石に。

 

ゲームでVC中の使用に関しては、自分のマイクが打鍵音を拾う事は特になかったです。

使用したのはゼンハイザーPC360SEというヘッドセット付属のマイクです。

 

 

 

・発光の設定は細かく可能

ゲーミングキーボードなので光ります。

自分はそんなに発光が好きじゃないのですが、キー毎に色や発光オンオフを細かく調整できる為ちょっと便利でした。

f:id:yaruoFPS:20181013190021j:plain

この画像のように、FPSゲームで使用するキーのみ発光させて、使っています。

PCのある部屋で嫁がうたた寝しちゃって暗い部屋で使用したりする事があるので、これでキーの位置が見えるので便利です。

 

もちろんゲーミングらしくピッカピカに光らせたりもできますよ。

 

 

・耐久性は文句なし

1年使用。

私は結構強めに叩いてしまうほうなのですが、これといった不具合は出ていないです。

キースイッチの耐久性も7000万回の打鍵と公式にあるのでかなり高耐久ですね。

このあたりもオムロン製という事で信頼性高いです。

 

通常のキーボードによくあるキートップの文字の印刷が擦れて消えるという問題も、印刷ではなく発光ギミックの為に溝になっている構造なので全くないです。

何年使っても消えないでしょう。

 

 

・その他の機能

・ゲームモードボタン・発光オンオフボタン

f:id:yaruoFPS:20181013192056j:plain

ゲームスティックのようなイラストのキーがゲームモードボタンで、これをオンにすると一部のキーの操作を無効にできます。

ゲーム中にWindowsボタンを押して画面が切り替わってしまったり、入力切替を推してしまって操作不能になるトラブルを完全に失くせます。

 

右上のキーは発光のオンオフをワンタッチで切り替える事が出来ます。

設定ソフトを開かなくてよいので便利ですよ。

 

 

 

・ファンクションキーに色んな機能を割り当てられます。

f:id:yaruoFPS:20181013191447j:plain

使用した事は無いのですが、マウスDPIの変更も割り当てられます。

同じロジクールのマウス限定だと思いますが、マウス側にDPI変更を割り当てたくない人(誤操作防止で)には便利かもしれません。

 

 

・ゲームごとにプロファイルを設定できます。

f:id:yaruoFPS:20181013191636j:plain

この辺は基本ですね。

 

・主観的な感想

最高!というより、堅実かつシンプルなつくりとRomer-Gの打ち心地が非常に気に入っています。

キートップの文字消えを結構気にするタイプで、かといって文字がトップじゃなくて下面にあるのも好きじゃないので、キートップで絶対に消えない構造なのもかなり好きです。

見た目に関してもゲーミングらしさが全面に出ておらず、同じロジクールのG-PROシリーズと並べた時の落ち着いた雰囲気は最高です。

ロジクールG-PRO WIRELESS:G-PPD-002WLを実際に2週間使った結果、オススメどころか神ゲーミングマウスという事がわかった - 浅く広くPCゲーミング